読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑談・栗山翔司『私の昔あった借金・それを支えてくれた彼女』

お久しぶりです。
栗山翔司です


カテゴリ『雑談』を作って約4ヶ月が経ちましました。

今回は初めて雑談を行います。



私事の話になるので興味がなければ、ページを閉じて頂いて構いません。



ビジネスノウハウの話も一切ありませんので。




では雑談に入りますが。



内容を先出ししますと、

『私の昔あった借金・それを支えてくれた彼女』

の話になります。




私事の記事になりますが最後までお付き合いいただければ幸いです。






【借金を抱える私を支えた彼女】



最近彼女とお別れをしました。
人生で生まれて初めて出来た彼女です。
彼女には多くを支えて貰いました。



私はプロフィールの内容で生い立ちを話していますが、親元を離れるまで(一人暮らしをはじめるまで)

異性のパートナーに巡り合うことは一切ありませんでした。



性格が奥手だったのもありますが、異性を神聖視して
『手の届かない存在。』
と割り切っていたことも大きかったです。




親元を離れ『彼女が欲しい』と考えたのが全ての始まり。
飲み会のサークルに所属し、仲の良い友人を沢山作りました。



そこで一番仲の良かった友人がサークル主催と揉め事を起こしましてね。



一から独立してサークルを立ち上げないか?
私がそう提案し、新設したサークルに彼女が参加した事から始まります。



彼女は魅力があり、誰からも愛される太陽のような存在でした。




私はアプローチをかけ、互いに想い合う関係となり。


足早にサークルの引き継ぎを行い、
管理権を友人へ譲って共にサークルを脱退。


凄く幸せでした。




当時、彼女は誰にも言えないような暗い過去を持っていました。


kuriyama2000.blog.fc2.com