読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを書く手が止まった時【1ヵ月置きに来るスランプ!?】脱出方法

ブログ手詰まり1


管理人の栗山 翔司(ショウジ)です。




カテゴリに【自己啓発】を新たに作りました。
と言うのもブログを書いていく中で、手が止まって何も書けなくなってしまう。


そんな事が誰しも必ずある事なので。
『どうやって乗り越えてきたか?』


そういうお話をこの場で時折出来ればと思い作成致しました。



本日は

ブログを書く手が止まった時【1ヵ月置きに来るスランプ!?】脱出方法

についてお話しします。





― 目次 ―


【どういう時に記事を書く手が止まるの?】
【書くネタが無くなってしまった!?】
【どうやって立ち直ったの?】
【真面目な人ほど自分のルールが重荷になる?】
【まとめ】









【どういう時に記事を書く手が止まるの?】

ブログ手詰まり2


私の場合、書く手が止まるのは主に『その日に書くネタが無くなった時』ですね。

あとは定期的に来る(およそ1ヵ月周期)無駄な事に悩んで手が止まる時期。
その悩みとは、自分で納得いく記事を書けなくなる事。


ネタ切れの話に戻りますが、
ネットビジネスで情報教材を売り込むときは『上げ記事』と『下げ記事』を織り交ぜて書くのがアフリエイターの王道的な手法。



『上げ記事』

意味は売り記事。
推している商品の『売り込み』記事ですね。
コレ、本当にオススメですよ。こんないいところありますよ。
と言った商品紹介。



『下げ記事』

意味は批判記事。
絶対手を出してはいけない。
再現性の低い詐欺オファーや商材、商品を叩く記事です。



私は昔からコピーライティングを磨く近道として、情報商材を販売しており、詐欺まがいな『無料オファー』を叩きまくるのが主な活動でした。


なんでわざわざ危険な商品があることを注意喚起して回るのかと言うと、『上げ記事』ばっかり書いていたらただの怪しい人に成り下がっちゃうからです。


・コレいいですよ!

・アレもすごくいい!

・こんな商品もありますよ!


なんて毎回の如く言ってる人は信用がないし、実際危ない商品扱っている人が多いので。


そうならない為にも危ない商材やらを見つけて回っては、暴露記事(ばくろきじ)にして『危険商材』『詐欺オファー』とかのカテゴリで紹介していました。



コンテンツ数も増え、人が集まりだして来るころ。

突然それはやってきます。


書く手が止まる・・・!!!
ネタが無い・・・!!!



kuriyama2000.blog.fc2.com